生き生きとした街づくりを

 周囲を見渡すと、全てが激しく変化しており、歴史の大転換期を迎えているようです。ひたすら経済の豊かさを追い求めた戦後の復興期に私たちの生活意識は、都市が持つ特有の匿名性や行き過ぎた個人主義に向かって大きく振れました。ところが今、振り子は有効な解決法を見出せないまま行き場を失っています。心のよりどころだった勤め先などの組織に対する帰属意識もズタズタに分断されてしまいました。そこへ少子高齢社会が到来しました。誰しもが「どうしたら安心できる心豊かな生活を手にすることができるのか?」を真剣に考え始めています。

 豊かな経済社会を実現した代償として、私たちは長い期間かけて育んできた暮らしの知恵を失ってしまいました。その知恵を復活させなければ、心豊かな暮らしを取り戻すことができないのではないでしょうか。カギは地域コミュニティーをしっかりと再生させることにあります。新しい地域社会の実現こそが町会に課せられた使命だと考えています。一人の力では何もできません。町会員が力を合わせれば難題も克服できるはずです。自分達の力でできることを一つ一つ実現していくために、心を一つにしてみんなで前に進みましょう。

 老人も子供も住む人が全ていきいきと暮らせる街づくりに向かって、桜台親和町会は取り組んでまいります


                                        町会長 岡村宏平